ここから本文です

COLOR CREATION「人生のサプリメント」どんな時も助けになるカラフルな音楽:インタビュー

5/22(水) 11:12配信

MusicVoice

新しい挑戦もあった「Butterfly」

――裸の付き合いで、さらに絆も深まりますよね。さて、「Butterfly」のポイントはどういったところですか。

YUUTO 壮大さをすごく大事にしました。レコーディングが終わった後に、少し物足りないなと思ったんです。もっとこの曲の良さを引き出すにはどうしたら良いのか、と話し合いました。トラックを足したりして、満足の行くものが出来ました。MVとの相乗効果もあったのかなと思います。

 この曲ではA'のパートをソロで歌わせて頂いているのですが、1番と2番で変化をつけるのが難しかったんです。なので、1番はファルセットで歌っているところを、2番は地声にしたりと歌い方を変えて表現しました。結構高くて、2番は少ししゃがれているんですけど、それがまた良い味になったんじゃないかなと思います。

――この曲を聴いて思ったのですが、結構ソロパートが入り組んでいるなと思いました。ライブで間違えたりしないですか。

TAKUYA たぶん「Butterfly」はみんな歌いたいパートが実は沢山あると思うんです。なので、自分のパートじゃないのに歌ってしまったという間違いはあります(笑)。

YUUTO Aメロの出だしは当初僕が担当する予定で、100テイク近くレコーディングしたんですけど、どうしても納得がいかなくて、結局JUNPEIに変わってもらったんです。そうしたらすぐに終わって(笑)。

JUNPEI 僕が最初はA'パートだったんですけど、交代したんです。誰でも得意不得意がありますかからね。

KAZ JUNPEIはAメロ職人なんです。

――そういうのがあるんですね。ちなみにBメロ職人は?

KAZ BメロはTAKUYAとYUUTOかな?

TAKUYA RIOSKEは2番のAメロ職人です。

JUNPEI やっぱり2番は変化が欲しいので、RIOSKEが良いんです。

――RIOSKEさんといえば英語パートですよね?

RIOSKE 歌詞を初めて見て英語が出てくるとたぶん自分のパートになるんだろうなと思っちゃいますね(笑)。あと英語パートはKAZちゃんも多いです。フェイク系も僕が担当することが多かったんですけど、今回はJUNPEIとKAZちゃんも追っかけのフェイクをやったり新しい挑戦も詰まっています。

――この曲はどのような時に聴いてもらいたいといった、おすすめのシチュエーションはありますか。

JUNPEI この季節は変化が起こる時期だと思います。夢に向かって一歩踏み出す人もいると思うんです。そういう人達にはより刺さると思いますし、僕たちにも当てはまる曲なんです。僕らも夢に向かって走っている最中なので、この曲を聴いて私もカラクリと同じなんだ、カラクリも頑張っているから、私も頑張ろうと思って頂けたら嬉しいです。

――夢がまだない人もいるかも知れないですが、その方達はカラクリを応援するというのも一つの夢のカタチですよね。

KAZ それ素敵です。夢がない人は夢がある人を応援するのも凄く良いと思います。

2/3ページ

最終更新:5/22(水) 11:12
MusicVoice

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事