ここから本文です

四国電力の佐伯勇人社長 6月の退任前に会見「原子力の活用を…」 香川

5/22(水) 18:49配信

KSB瀬戸内海放送

 四国電力の佐伯勇人社長が、6月の退任前、最後の記者会見で原発の必要性を訴えました。

(四国電力/佐伯勇人社長)
「原子力にこれだけ向き合っていくということが、非常に大変なことなんだなというのを思い知らされた」

 4年間の在任中に、伊方原発の再稼働や仮処分による停止などを経験したことを踏まえ、今後も原子力を活用してバランスよく電源を構成する必要性を訴えました。

最終更新:5/22(水) 20:27
KSB瀬戸内海放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事