ここから本文です

「男に蹴られた」老人ホームで82歳死亡 元介護士を逮捕…防犯カメラに写っていたのは

5/22(水) 21:53配信

FNN.jpプライムオンライン

死亡82歳男性「男に蹴られた」・・・元老人ホーム介護士を逮捕

黒い眼鏡をかけ、笑顔で歩く男。
4月、当時勤務していた老人ホームで男性入居者を殺害した疑いで、5月22日、逮捕された。

【写真】「男に蹴られた」と言い残して死亡した82歳男性 防犯カメラには元介護士のこんな映像が

遺族は、亡くなる直前の被害者から、重要な訴えを聞いていた。
被害者の娘は、「『若い男に蹴られてやられた』って」と語る。

事件は、4月、東京・品川区の有料老人ホーム「サニーライフ北品川」で起きた。

当時、職員として働いていたのが、根本智紀容疑者(28)。
死亡したのは、82歳の入居者、黒澤喜八郎さん。

4月4日未明、黒澤さんが胸の痛みを訴えているとして、夜勤にあたっていた根本容疑者が119番通報した。

黒澤さんは病院に搬送されたが、その後死亡。臓器を損傷し出血したことが死因とみられている。

その死の直前、かけつけた家族に、黒澤さんは「男に蹴られた」と暴行の被害を訴えていたのだ。

防犯カメラに写っていた根本容疑者の行動とは

この事態を受け、施設側は、防犯カメラの映像を確認。
すると、そこには、根本容疑者の目を疑うような行動が写っていた。

黒澤さんの娘はその行動について、「(根本容疑者が)うちの父さんの足元の方までぐるっと回って、片足を(持って)ひきずって、部屋の中に入れ込む」と話す。

4月3日午後10時ごろ、右半身が不自由な黒澤さんが、仰向けで自分の部屋から出てきたという。

根本容疑者は、黒澤さんの片足をつかみ、部屋へと引っ張り込む。

そして、しばらくたって、部屋から出てきた際には、両手を広げ、ポーズを取るような仕草をしていたという。

施設側は、この映像を確認し、4月10日、根本容疑者を懲戒解雇した。

サニーライフ東京事務所の荻野一成取締役は、「社内の調査には、『腰が痛かったから(足を引っ張った)』ということを言っていた」と話す。

警視庁の調べに対し、根本容疑者は「暴行を加えたことはありません」と容疑を否認している。

Live News it!

最終更新:5/23(木) 20:34
FNN.jpプライムオンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事