ここから本文です

長谷部誠、独誌年間ベストイレブンに選出「フランクフルトの成功を保証する1人だった」

5/22(水) 17:30配信

GOAL

フランクフルトからは唯一のメンバー入り

フランクフルトに所属する元日本代表MFの長谷部誠が、ドイツ誌『キッカー』の2018-19シーズンの年間ベストイレブンに選ばれた。

『Goal』選出のブンデスリーガベストイレブンは…

昨夏にフランクフルトの指揮官に就任したアディ・ヒュッター監督の下で、今年1月に35歳の誕生日を迎えた長谷部はリーグ戦28試合に出場し、そのうち24試合では3バックの中央でリベロとしてプレー。シーズンを通して大きな存在感を発揮し、ドイツメディアではフランクフルトの中心選手の1人として絶賛され続けてきた。

『キッカー』での今季の平均点は最終的には「3.03」(※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)、センターバック部門では2位の評価でシーズンを締めくくった長谷部だが、7位でフィニッシュのフランクフルトからの唯一のメンバーとして年間ベストイレブン入り。「日本人のマコト・ハセベは素晴らしいシーズンを過ごしたフランクフルトの成功を保証した1人だった」と称賛の言葉が添えられる格好で選出されている。

なお『キッカー』が選んだ4-5-1フォーメーションの2018-19シーズンの年間ベストイレブンは以下の通り。

GK
ペテル・グラーチ(RBライプツィヒ)

DF
ヨシュア・キミッヒ(バイエルン・ミュンヘン)
長谷部誠(フランクフルト)
ヴィリ・オルバン(RBライプツィヒ)
ニコ・シュルツ(ホッフェンハイム)

MF
チアゴ・アルカンタラ(バイエルン・ミュンヘン)
マルコ・ロイス(ボルシア・ドルトムント)
カイ・ハヴェルツ(レヴァークーゼン)
キングスレー・コマン(バイエルン・ミュンヘン)
ジェイドン・サンチョ(ボルシア・ドルトムント)

FW
ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン・ミュンヘン)

最終更新:5/22(水) 17:32
GOAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事