ここから本文です

松坂桃李が山本美月に告げた言葉にネット「涙腺崩壊」 『パーフェクトワールド』第5話

5/22(水) 11:10配信

クランクイン!

 松坂桃李と山本美月が共演するドラマ『パーフェクトワールド』(カンテレ・フジテレビ系/毎週火曜21時)の第5話が21日に放送され、鮎川樹(松坂)が川奈つぐみ(山本)に告げた言葉に、視聴者から「つらすぎて涙止まらない」「涙腺崩壊」などのツイートが殺到した。

【写真】山本美月、かわいいすっぴん&笑顔あふれるショット披露


※以下、ネタバレを含みます。ご了承の上、お読みください。

 駅のホームから転落したつぐみを助けられなかった樹は、洋貴(瀬戸康史)から、つぐみが介護セミナーに通っていたことや、かなりの疲れがたまっていたことを聞かされてがくぜんとする。全治2ヵ月のケガを負ってしまったつぐみは、両親の暮らす松本の病院で療養をすることに。つぐみが東京から実家の松本へ戻る日の朝、彼女を見送ろうと車に乗り込んだ樹は意識を失ってしまう…。

 樹が入院したことを知ったつぐみは、洋貴の車で松本から東京へ戻ることに。検査の結果、大事に至らないことがわかると樹と母・文乃(麻生祐未)は安堵(あんど)する。樹はつぐみに検査の結果を電話で報告すると「川奈の足が治ったらさ、デートしよう!」と約束する。樹が電話を切ると、病室で話を聞いていた文乃は「本当にいいの?後悔しない?」と質問。これに樹は「うーん…するだろうねぇ…」と苦笑いを浮かべる。このシーンに「別れが近づいているのか…」「え、まさかそれ最後のデートみたいな??」などの声がSNSに寄せられた。

 約束から数日後、樹とつぐみはデートに出かける。デートが終わる頃、樹はつぐみに「今日はありがとう」とお礼を言い「一生の思い出だよ」とつぶやく。そして樹はつぐみを抱きしめると涙を流しながら「俺、お前のこと、どんどん不幸にしてる…」と話すと「今までありがとう、俺たちもう終わりにしよう」と別れを告げる。

 この言葉に視聴者からは「そんなことないよ!? つぐみちゃん幸せだよ」「だめだって別れんな!」「やだよーーー誰も幸せになれない」「お互い最愛なのに別れなきゃいけないなんでつらすぎる」などのツイートが殺到。号泣しながら樹を抱きしめるつぐみの姿が画面に映し出されると、ネット上には「涙止まらない」「涙腺崩壊」「号泣案件」「大号泣だよ。切なすぎるだろ」などのコメントが多数寄せられた。

最終更新:5/22(水) 12:35
クランクイン!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事