ここから本文です

福山雅治×石田ゆり子『マチネの終わりに』、伊勢谷友介&桜井ユキ&木南晴夏ら出演

5/22(水) 16:30配信

クランクイン!

 歌手で俳優の福山雅治が主演を務め、女優の石田ゆり子が共演する映画『マチネの終わりに』より、追加キャストとして、俳優の伊勢谷友介、女優の桜井ユキ、木南晴夏らが出演することが発表された。

【写真】『マチネの終わりに』ポスタービジュアル


 本作は、芥川賞作家の平野啓一郎が2016年に刊行し、純文学としては異例の17万部を突破した同名小説を映画化したラブストーリー。日本・パリ・ニューヨークを舞台に、クラシック・ギタリストと海外通信社所属の女性ジャーナリストが織りなす、切なくも美しい恋をつづっていく。

 伊勢谷が演じるのは、石田扮するパリの通信社勤務のジャーナリスト・小峰洋子の婚約者でニューヨークに住む経済学者・リチャード新藤。ニューヨーク在住の日系人を演じることについて伊勢谷は「英語を話さないといけない役ということもあり、撮影当初は少し緊張と不安があったのですが、監督やスタッフの方々の周到な準備と石田さんのやわらかい空気感に包まれて居心地良く撮影に臨めました」とコメント。

 福山演じる世界的クラシック・ギタリスト、蒔野聡史のマネージャー・三谷早苗を演じる桜井ユキは、主演の福山について「フラットな中で、すごく芯のしっかりある方というのが第一印象だったのですが、その福山さんの魅力に、演じる蒔野の魅力である“甘さ”と“ゆるさ”をまとわせていて、早苗を通して、すごく好きになりました(笑)」と明かす。

 木南は、蒔野の師匠・祖父江誠一の娘・中村奏を担当する。赤ん坊と一緒のシーンが多かったといい、「泣いてしまって可哀そうな日もありましたが、コミュニケーションを取りつつ、頑張って一緒に撮影を乗り切りました」と振り返り、原作を「“大人のラブストーリー”という印象」と語ると「今作も、しっとりと色気を感じるような作品になるのではないかと思います」と期待を込めた。

 このほか、洋子の母で、世界的に有名な映画監督の元妻・小峰信子役に風吹ジュン、蒔野のレコード会社の社員で、友人である洋子を蒔野のコンサートへ誘う是永慶子役に板谷由夏、蒔野が十代の頃からその才能を高く評価してきた師匠・祖父江誠一役を古谷一行と、実力派キャストが脇を固める。

 公開されたポスタービジュアルは、福山演じる蒔野と石田扮する洋子の情感豊かな表情を切り取ったものとなっている。

 映画『マチネの終わりに』は11月1日より全国公開。

最終更新:5/22(水) 16:30
クランクイン!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事