ここから本文です

『さよなら、退屈なレオニー』×The Wisely Brothersがコラボ スペシャル予告完成

5/22(水) 19:00配信

クランクイン!

 昨年の東京国際映画祭でジェムストーン賞を受賞した映画『さよなら、退屈なレオニー』より、3ピースガールズバンド、The Wisely Brothersとコラボレートしたスペシャル予告映像が公開された。同バンドの楽曲「メイプルカナダ」のメロディーとボーカル・真舘晴子のナレーションに乗せ、主人公の少女レオニーの葛藤する姿が描き出されている。

【写真】映画『さよなら、退屈なレオニー』予告映像でコラボした3人組ガールズバンド「The Wisely Brothers」アーティスト写真と予告映像ナレーション収録風景


 2018年にカナダで公開されスマッシュヒットを記録した本作は、自分がやりたいことも自分の居場所もみつからない、カナダの小さな街に住む17歳の少女レオニーを主人公とした青春映画。

 監督は、前作『The Dismantling(原題)』(2013)でカンヌ国際映画祭SACD賞、トロント国際映画祭国際映画批評家連盟賞を受賞するなど、カナダ映画界の新世代として注目を集めるセバスチャン・ピロット。レオニー役のカレル・トレンブレイは、2015年のトロント映画祭で「未来を担うひとり」に選ばれ、昨年の東京国際映画祭では、輝きを放つ若手キャストに贈られるジェムストーン賞を受賞している。

 カナダ・ケベックの海辺の街で暮らす17歳の少女、レオニー。高校卒業を1ヵ月後に控え、退屈な街を飛び出したくて仕方ないけれど、自分が何をしたいか分からない。口うるさい母親も気に入らないが、それ以上に母親の再婚相手のことが大嫌い。レオニーが唯一、頼りにしているのは離れて暮らす実の父親だけだった。そんなある日、レオニーは街のダイナーで年上のミュージシャン、スティーヴと出会う。どこか街になじまない雰囲気をまとうスティーヴからギターを習い始めたことがきっかけで、レオニーの中で少しずつ何かが変わり始める…。

 スペシャル予告映像では、The Wisely Brothersの楽曲「メイプルカナダ」がイメージソングとして使われ、ナレーションもボーカルの真舘が担当。「朝から光降り注ぐ日に限ってわたしはつらいことを考えはじめ~」という歌詞とともに、卒業を間近に控えながら自分の居場所が見つからないレオニーの葛藤する姿や、彼女がスティーヴと出会ってから変わり始める様子が映し出され、映像と歌詞が見事に調和している。『ジュノ』のエレン・ペイジや『レディバード』のシアーシャ・ローナンをほうふつとさせる新ヒロイン・カレルのさらなる魅力を感じさせてくれる予告編となっている。

 The Wisely Brothersは「レオニーを見ているともどかしい気持ちでいっぱいだったけれど、どこか無敵な心でこの曲をつくっていたあの頃の気持ちを思い出しました」とコメントを寄せている。

 映画『さよなら、退屈なレオニー』は6月15日より全国順次公開。

最終更新:5/22(水) 19:00
クランクイン!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事