ここから本文です

国籍や世代超え交流 可児市でフェス

5/22(水) 9:02配信

岐阜新聞Web

 岐阜県可児市や近郊に住む外国人住民を招き、ゲームなどで交流を深める「多文化共生フェス 可児市だよ!全員集合‼」が19日、同市羽崎のふれあいパーク緑の丘で開かれ、国籍や世代を超えた約300人が楽しいひとときを過ごした。

 可児青年会議所が多文化理解を深める活動の一環として初めて企画した。

 会場ではミニサッカーやパン食い競走、ごみ分別を競技形式で学べるゲームが行われた。可茂消防本部による火災時の煙体験のブースなどもあり、万が一への対策も学んだほか、市多文化共生センター・フレビアの活動紹介や、美濃加茂市牧野のブラジル人学校「イザキ・ニュートン・カレッジ」の生徒によるダンスも披露された。

 締めくくりには、全員参加の綱引き競技があり、スタッフも参加した熱戦に歓声を上げ、親交を深めた。

岐阜新聞社

最終更新:5/22(水) 9:02
岐阜新聞Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事