ここから本文です

ホークス入り報道の全米ドラ1右腕、6年契約で総額7億7000万円超 米記者伝える

5/22(水) 12:41配信

Full-Count

昨年のドラフトでブレーブスから1巡目指名を受けながら、契約に至らなかった

 ソフトバンクと契約に合意したと報じられた昨年の全米ドラフト1巡目のカーター・スチュワート投手。昨年のドラフトでブレーブスから1巡目(全体8位)で指名されたものの、契約が合意に至らず、イースタンフロリダ州立短大に進学した。今年、ドラフト再指名の資格を得ながらも、米球界ではなく、日本球界入りを選択するという決断を米メディアも驚きを持って伝え、ソフトバンクとの契約は6年契約、総額700万ドル(約7億7000万円)以上になるようだ。

【動画】今年のドラフト指名も確実視されていたカーター・スチュワート…高身長を活かした角度あるストレートとカーブが一級品

 米スポーツ専門局「ESPN」のジェフ・パッサン記者は自身のツイッターで、ソフトバンクとスチュワートの契約内容についてレポート。「カーター・スチュワートとソフトバンクホークスの契約は6年契約で700万ドル(約7億7000万円)以上と関係者が伝えている。19歳のスチュワートは日本のマイナーリーグでスタートする」と伝えた。まず、スチュワートはファームで日本でのキャリアをスタートさせ、経験を積んでいくことになるようだ。

 スチュワートのソフトバンク入りは、米スポーツメディア「ジ・アスレチック」のケン・ローゼンタール記者が自身のツイッターでレポート。その一報は日米に一斉に広まった。米紙「USAトゥデイ」は「アマチュアのプロスペクトであるカーター・スチュワートがMLBドラフトではなく日本行きを選択する」として、ドラフト1巡目候補の異例の決断を伝えている。

 昨年のドラフト指名では手首の懸念があったため、ブレーブスとの契約が合意に至らなかったスチュワート。それでも、今年のドラフトでは再び1巡目指名が有力だっただけに「USAトゥデイ」は「アマチュア球界トップのプロスペクトの一人が、ユニークなキャリアの決断をしている。海外でプレーする為に、6月のMLBドラフトで指名されるチャンスを諦めたのだ」と指摘した。

「日本でプレーするという彼の決断により、彼のMLB挑戦への道が少し険しくなることだろう」とも伝えている「USAトゥデイ」。ただ、これまでに結んできたモイネロやスアレス、コラスとの契約を見ても、ソフトバンクがメジャー挑戦を見越した2、3年の“腰掛け”のために若手有望株を獲得するとは考えにくい。パッサン記者が伝えた6年契約の契約内容を見ても、長期的なスパンを見越した上でのスチュワート獲得となるようだ。

Full-Count編集部

最終更新:5/22(水) 16:35
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事