ここから本文です

【MLB】上原浩治は「愛され者で、少し変わり者」 地元紙で同僚が語った“人間性”

5/22(水) 13:34配信

Full-Count

地元紙「ボストン・グローブ」が引退を発表した上原の特集記事を掲載

 巨人の上原浩治投手が20日に現役引退を発表した。2013年にレッドソックスの世界一に貢献した右腕には、メジャーリーグ関係者からも次々と惜別の声が寄せられている。2013年からレッドソックスの投手コーチを務めるダナ・レバンギー氏は、地元紙「ボストン・グローブ」の取材に対して「素晴らしい人物」「一緒にいて楽しい男」などと振り返っている。

【動画】あの感動の場面をもう一度… 上原浩治がレッドソックスで世界一を掴んだ歴史的瞬間

 上原はレッドソックス加入1年目の2013年、レギュラーシーズンでは73試合登板で4勝1敗13ホールド21セーブ、防御率1.09と圧巻の成績をマーク。さらに、ポストシーズンでも13試合登板で防御率0.66と快投し、ア・リーグ優勝決定シリーズではMVPに輝いた。主砲のデビッド・オルティスらとともに、ワールドシリーズ制覇の立役者の一人だった。

 そんな日本人右腕が現役引退を表明したニュースは瞬く間に米国にも伝わり、「ボストン・グローブ」は「現役引退に際し、コウジ・ウエハラは栄誉を受ける」とのタイトルで特集を組んでいる。記事では、上原について「愛され者で、少し変わり者」と表現。そのうえで「一緒に過ごした人に語る(ための)ストーリーを多く残した」としている。

 そこで登場するのが、レバンギー氏だ。2013年からレッドソックスで投手コーチを務める同氏は、上原との「お気に入りの思い出」について、2013年ワールドシリーズだと「即答」したという。いったい、どんな思い出があったのか。

「ウエハラは試合の終盤で登板する時、少し眠かった。彼は頼みがあってレバンギーのところに行った。レバンギー投手コーチ『彼は私に顔を叩くように頼んできたんだ。私は叩いたよ』」

 目を覚まし、気合を入れ、世界一を決める舞台へと上がっていたという。

 レバンギー投手コーチはさらに、同紙の取材に対して、上原がチーム内でいかに重要な存在だったかを力説している。

「大きな役割を果たした。試合終盤で登板する2人が怪我をし、彼がクローザーの役割を担ってからすぐ、チームは安定し、そこから躍進したんだ。ブルペン陣はそれぞれ適した役割を担えるようになった。彼がクローザーになってから、ブルペンは本当に良くなった」

1/2ページ

最終更新:5/22(水) 14:34
Full-Count

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/26(水) 23:00

あなたにおすすめの記事