ここから本文です

【あなたは何しに?】マクラーレンF1離脱後、ひさしぶりにレース現場に姿を見せたエリック・ブーリエ

5/22(水) 12:40配信

オートスポーツweb

 F1シーズンを転戦していると、いろいろな人との出会いがある。今回は、2018年7月にマクラーレンを離脱したエリック・ブーリエと、元F1ドライバーのマーク・ブランデルに話を聞いた。

F1第5戦スペインGPに訪れた元F1ドライバーのマーク・ブランデル

――――――-

 F1第5戦スペインGPが行われたカタロニア・サーキットのパドックにふたりの懐かしい顔を見つけた。

 まず最初のひとりは、2018年までマクラーレンでレーシングディレクターを務めていたエリック・ブーリエだ。

 マクラーレン離脱後はしばらく鳴りを潜めていたブーリエだが、今年の2月にフランスGPの戦略&運営アドバイザーに就任したことを発表している。

 2018年、10年ぶりにF1に復帰したフランスGPだが、開催地となったポール・リカールにとっては1990年以来、28年ぶりの開催となったためサーキット周辺の整備が万全とはいかず、混乱を招いた。

 サーキット側は2019年に向けて駐車場の拡大やシャトルバスの運行、周辺道路の一時的な使用制限など2018年からさまざまな変更を計画しており、そのアドバイザー役に就いたのがブーリエだ。

 そのブーリエがどうしてスペインGPに来ていたのか。

「私は、フランスGPのアドバイザー以外にもグランプリのゼネラルアンバサダーとして、リバティ・メディアやF1チームへの対応もおこなっているんだ。このあとモナコGPにも行くし、フランスGPが終わったあとも、モンツァ(イタリアGP)や鈴鹿(日本GP)にも行くよ」

元F1ドライバーのマーク・ブランデルはFIA F2ドライバーのマネージャーに
 ふたり目は、元F1ドライバーのマーク・ブランデルだ。
 ブランデルにとってスペインGPは1994年にティレル・ヤマハで表彰台を獲得した思い出の地だ。

「あれは私にとってF1で最後の表彰台となっただけでなく、ティレルにとっても最後の表彰台だった。いま考えれば、ティレルのような小さなチームで表彰台に上がったなんて、夢みたいな話さ。いまじゃ、小さなチームが表彰台を獲得するなんて、まず無理だろ。昔は夢があったよ」

 ブランデルがここで表彰台にあがった1994年は、ローランド・ラッツェンバーガーやアイルトン・セナの死、そしてカール・ヴェンドリンガーが大事故に見舞われた直後におこなわれた。ブランデルにとっても、いつもとは違うグランプリだった。

「ふたりめの子供が生まれたばかりで、いろいろ考えたよ。たぶん、私だけでなく、F1ドライバーはみんなそうだったと思う。走るべきかどうか、とね」

 ところで、ブランデルはどうして、スペインGPに来ていたのか。

「F2に参戦しているジョーダン・キングのマネージメントを行なっているんだ」

 今年は、ヨーロッパラウンドで何度もブランデルに出会うことになりそうだ。

[オートスポーツweb ]

最終更新:5/22(水) 12:42
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事