ここから本文です

BMW、6月のル・マン24時間を最後にWECでのワークス活動終了を発表。IMSAには継続参戦

5/22(水) 20:15配信

オートスポーツweb

 BMWは5月22日、今後のモータースポーツプログラム活動内容を発表。そのなかで、6月15~16日に決勝レースが行われる2019年第87回ル・マン24時間を最後に、WEC世界耐久選手権でのワークス活動を終了すると発表した。

【画像】 GTカー離れした“巨体”で高い人気を誇るBMW M8 GTE

 BMWは、2018/2019年のWEC“スーパーシーズン”から、シリーズ随一の激戦区として知られるLM-GTEプロクラスに、ワークス体制で参戦を開始。チーム名はBMWチームMTEKで、81号車と82号車、2台のBMW M8 GTEを走らせている。

 WECでのワークス活動終了について、BMWモータースポーツを率いるイェンス・マルカルト代表は次のようにコメントしている。

「WECでの活動はこれ以上続けない。2019年6月のル・マン24時間レースは我々にとってのハイライトになるだろう。BMW 8シリーズ・クーペを世界初披露した2018年と同じようにね」

「将来に向けた戦略を構築していく段階で、この先もWECに関与していくという選択は我々が採るべき方針にマッチしないという決断に至った」

「BMW Mモータースポーツの存在は、ヨーロッパやアジアではDTMドイツ・ツーリングカー選手権、北米ではIMSAウェザーテック・スポーツカー・チャンピオンシップを通じて高まり続けている。世界選手権(であるWEC)がなくてもだ」

「これまで、ともに活動してくれたBMWチームMTEKには心から感謝しているし、WECには今後も明るい未来が待っていることを願っている」

 今後は電動フォーミュラで争われるABBフォーミュラE選手権と、GT3、GT4などのカスタマーレーシング活動に注力するとしたほか、シム・レーシングなどeスポーツでの活動も積極化させていく。そのほか、DTMやIMSAでの活動も継続していく方針だ。

 BMWが発表したコメントは以下のとおりだ。

「我々の電気自動車技術をリードするBMW iはフォーミュラEに関与していく。これにより、電気自動車でもドライビングプレジャーを追求していく姿勢だ」

「一方、BMW Mブランドとしては、クラス1やGTLM、FIA-GT3、FIA-GT4などを通じ、レーストラックで高性能スポーツとしての性能を追求していくことになる」

「会社を取り巻く環境は厳しいものになりつつあるが、こういった活動を通じてBMWとして掲げる『ナンバーワン・ネクスト』戦略を達成するつもりだ」

[オートスポーツweb ]

最終更新:5/23(木) 13:48
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事