ここから本文です

ジルがチェルシーと契約延長…現在EL得点ランク首位タイ

5/22(水) 6:47配信

ゲキサカ

 チェルシーは21日、フランス代表FWオリビエ・ジル(32)と契約延長することで合意したとクラブ公式サイトで発表した。新たな契約期間は2019-20シーズン終了までとなっている。

 ジルは昨年1月にアーセナルから1年半の契約で加入。ここまでクラブ通算62試合に出場し、17ゴールを記録している。チェルシー移籍後、初年度にFA杯優勝に貢献し、昨年夏のW杯ではフランス代表として優勝を経験。今季はUEFAヨーロッパリーグ(EL)で得点ランク首位タイの10ゴールを挙げる活躍を見せ、チームを古巣アーセナルとの決勝に導いた。欧州大会で1シーズン2桁得点の記録はチェルシー初となっている。

 契約延長にあたってジルは「契約延長できてハッピーだよ。少なくともあと1年はここでやりたかったんだ。チームの一員で、家族のような思いが強い。まだトロフィーを手にするチャンスがあるといいね」とコメントした。

 また、チェルシーのディレクターを務めるマリナ・グラノフスカイア氏は「オリビエがさらに1年、チェルシーに残ってくれる選択をしてくれて嬉しいわ。ここにきて18か月、時に耐える時間もあったかもしれないけど、それでもクラブへの貢献度はとても大きい」と、これまでの働きを称賛している。

 続けて「今季はヨーロッパリーグで10ゴールも記録している。間違いなくチームに欠かせない選手だし、昨年のFA杯に続き、バクー(EL決勝の開催地)では移籍後2つ目のタイトルを手にしてほしいわ」と今後の期待に期待を寄せた。

最終更新:5/22(水) 6:47
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事