ここから本文です

ソフトバンク傘下フォートレス、安邦のホテル事業買収目指す-関係者

5/22(水) 7:45配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): ソフトバンクグループ傘下のプライベートエクイティー(PE、未公開株)投資会社フォートレス・インベストメント・グループと、カナダの資産運用会社ブルックフィールド・アセット・マネジメントが、中国政府が一時的に管理下に置く保険会社、安邦保険集団が売却を目指している15のホテル資産の買い手候補に含まれる。売却プロセスの事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

英紙フィナンシャル・タイムズ(オンライン版)は21日、フォートレスとブルックフィールドのほか、米ブラックストーン・グループと韓国の未来アセット・マネジメント、シンガポール政府投資公社(GIC)を含む17の潜在的買い手が、売却プロセスの最終ラウンドまで残っていると報じた。匿名の複数の関係者からの情報を引用した。

同紙によれば、安邦保険の米国の高級ホテル事業に対し、最大58億ドル(約6410億円)のオファーがあった。フォートレスとブルックフィールド、ブラックストーンの担当者は、いずれもコメントを控えている。

サンフランシスコのウェスティン・セントフランシスやニューヨークのJWマリオット・ エセックス・ハウスを含むホテル資産の売却に向け、安邦保険はバンク・オブ・アメリカ(BofA)を起用したという。

原題:Brookfield, Fortress Said to Bid for Anbang Hotel Portfolio (1)(抜粋)

(c)2019 Bloomberg L.P.

Scott Deveau, Gillian Tan

最終更新:5/22(水) 7:45
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事