ここから本文です

3月機械受注2カ月連続増、非製造業伸びる-判断「足踏み」継続

5/22(水) 9:05配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 3月の機械受注は、民間設備投資の先行指標となる船舶・電力を除く民需の受注額が前月比3.8%増と、2カ月連続のプラスとなった。製造業に弱さが見られる一方、非製造業が伸び、増加率は市場予想を上回った。内閣府が22日発表した。

基調判断は「足踏みがみられる」に据え置かれた。1-3月期の民需(船舶・電力除く)は前期比3.2%減と2四半期連続のマイナス。一方、4-6月期は15.7%増を見込む。

エコノミストの見方

大和総研経済調査部の小林俊介エコノミスト(リポート):

詳細

背景

(c)2019 Bloomberg L.P.

Hiroyuki Sekine

最終更新:5/22(水) 10:52
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事