ここから本文です

クラウドベースセキュリティ選択時に着目すべき7つのポイント

5/23(木) 7:00配信

TechTargetジャパン

 多くの企業がサイバーセキュリティ予算と人材の不足に直面しており、自力ではセキュリティの確保が難しくなっている。そこで出番となるのがクラウドベースのセキュリティ(以下、クラウドベースセキュリティ)だ。Gartnerは、クラウドベースセキュリティ市場が2020年までに90億ドル(約1兆円)規模に成長すると予測している。

 SymantecでクラウドセキュリティのAPAC(アジア太平洋)地域バイスプレジデントを務めるジョン・カニンガム氏は次のように話す。「クラウドを用いることで大幅なコスト削減が見込める。データセンターのセキュリティ設備や物理スペースに電力を供給する必要がなくなるためだ。これは全ての企業、特にリソースが限られることが多い中小企業に歓迎される大きなメリットの一つとなる」

 私物端末の業務利用(BYOD)によってモバイル端末やモバイルアプリケーションの利用が増えたことも、クラウドベースセキュリティの導入拡大を促したとカニンガム氏は話す。同氏によると、クラウドベースセキュリティはクリティカルな情報を保護しつつアジリティーをもたらすという。

 クラウドベースセキュリティのメリットは他にもある。サービスはいつでも利用可能で、脅威をリアルタイムに監視できること。負荷が高い作業はプロバイダーが行うため企業はサイバーセキュリティの専門家になる必要がなく、シンプルなことなどがその例だ。

 Sophosでグローバルソリューションズエンジニアを務めるアーロン・ビューガル氏は次のように話す。「複雑さはセキュリティの敵だ。管理に高度な知識を必要とすると、セキュリティの全体方針に悪影響が及ぶ可能性が非常に高くなる」

 Cloud Security Alliance APAC(CSA APAC)によると、クラウドベースセキュリティを導入するメリットはクラウドインフラへの移行、つまりITを外部委託するメリットとほぼ同じだという。

 CSA APACは英Computer Weeklyのインタビューに答えて次のように語った。「ビジネスアジリティーの向上やデータの可用性、コラボレーション、容易な更新、コスト削減などがメリットになるだろう。クラウドプロバイダーが提供する広範囲の分散型インフラは、経済的なスケールメリットと、DDoS(分散型サービス拒否)などの攻撃から企業を保護するのに役立つパフォーマンスをもたらす」

 ただしクラウドベースセキュリティの導入は、企業がクラウドを導入する準備をどの程度まで進めているかに左右されるとCSA APACは注意を促す。

 「組織の適切な考え方、ガバナンスとコンプライアンス、アーキテクチャ、熟練者、SLA(サービスレベル契約)の理解、責任共有モデルなどが欠けている企業は基本的にクラウドを導入する準備が整っていない」というのがCSA APACの見解だ。

 「オンプレミスインフラを一晩でクラウドに移植できないのと同様、セキュリティを急にクラウドに移すこともできない。当然、企業のインフラが完全にクラウドベースでなければ、実質的に何らかの形でオンプレミス製品やハイブリッド製品が必要になるセキュリティ領域が生まれることになるだろう」

1/2ページ

最終更新:5/23(木) 7:00
TechTargetジャパン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事