ここから本文です

成田 凌、千葉雄大、瀬戸康史らが出演 映画「人間失格 太宰治と3人の女たち」新キャスト公開

5/23(木) 16:16配信

CDジャーナル

成田 凌、千葉雄大、瀬戸康史らが出演 映画「人間失格 太宰治と3人の女たち」新キャスト公開

成田 凌、千葉雄大、瀬戸康史らが出演 映画「人間失格 太宰治と3人の女たち」新キャスト公開

 太宰 治の小説を、写真家 / 映画監督の蜷川実花が映像化した映画「人間失格 太宰治と3人の女たち」が、2019年9月13日(金)より全国でロードショー。新キャストが公開されています。

 小説「人間失格」は、突飛な言動と奔放な私生活で文壇から煙たがられながらも、ベストセラー作品を連発した天才作家・太宰 治の遺作。累計1200万部以上を売り上げた、“世界で最も売れている日本の小説”です。

 映画「人間失格 太宰治と3人の女たち」は、小説「人間失格」の誕生秘話を、原作小説の映画化ではなく、太宰自身と彼を愛した3人の女たちの目線から、事実をもとにしたフィクションとして初めて映画化した作品。太宰 治役を小栗 旬が務めるほか、太宰を献身的に支える正妻・津島美知子役を宮沢りえ、太宰の愛人であり弟子でもある太田静子役を沢尻エリカ、太宰の愛人で最後の女・山崎富栄役を二階堂ふみがそれぞれ演じています。

 このたび公開された新キャストは、太宰に「人間失格」の執筆を依頼する老舗出版社の若手編集者・佐倉潤一役の成田 凌、太田静子の弟・太田 薫役の千葉雄大、太宰の親友であり、ラジオやテレビ等を中心に活躍する九州生まれの作家・伊馬春部役の瀬戸康史、太宰を批判する若手作家・三島由紀夫役の高良健吾、そして太宰の友人であり、無頼派を代表する作家・坂口安吾役を演じる藤原竜也の5名です。

 本作について成田は「蜷川実花さんの作品で、主演は小栗 旬さんと聞いた時点で、迷いは全くなく、そのような作品に自分も参加できることが嬉しかったです」、千葉は「蜷川監督作品は、お客さんとしてファンだったので、自分が出演させて頂きすごく嬉しいですし、もっとこの世界観に浸っていたかったです」と喜びを語り、瀬戸は「僕は太宰の友人・伊馬春部という役を演じました。初共演の小栗さんに非常に優しく接して頂いて、楽しく演じることができました」とコメント。また高良は「三島由紀夫さんの本には個人的にも影響を受けているので、プレッシャーはもちろんありましたが、演じられて光栄でした」と、三島由紀夫を演じたことへの喜びを語り、藤原は「蜷川監督とは『Diner ダイナー』でもご一緒させて頂きましたが、小栗くん主演の本作に出演できるということは、非常に光栄で嬉しかったです」とコメントしています。

© 2019 『人間失格』製作委員会

最終更新:5/23(木) 16:16
CDジャーナル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事