ここから本文です

米軍艦2隻が台湾海峡通過 今年5度目 国防部「航行の自由」

5/23(木) 17:22配信

中央社フォーカス台湾

(台北 23日 中央社)米軍艦2隻が22日、台湾南西の海域を北に向けて航行し、台湾海峡を通過したと台湾の国防部(国防省)が23日明らかにした。米艦の台湾海峡通過は今年5度目。同部は、「米艦による台湾海峡での『航行の自由(作戦)』」とした上で、全行程を把握しており異常はなかったとして国民に安心するよう呼び掛けた。

ロイター通信の23日付の報道によれば、2隻はそれぞれ駆逐艦「プレブル」と給油艦「ウォルター・S・ディール」。米海軍第7艦隊報道官のクレイ・ドス中佐が「自由で開かれたインド太平洋に対する米国の約束を示すもの」と説明したとしている。

国防部の資料によると、米軍艦は今年に入ってから1月24日、2月24日、3月24日、4月28日、5月22日と、月1回のペースで台湾海峡を通過している。

(游凱翔/編集:塚越西穂)

最終更新:5/23(木) 17:22
中央社フォーカス台湾

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事