ここから本文です

【ベラトール】RENAがニューヨーク大会に参戦、[6.14マジソン・スクエア・ガーデン

5/23(木) 12:26配信

イーファイト

 人気女子格闘家でシュートボクシング世界フライ級王者・RENA(27=シーザージム)が、6月14日(金・現地時間)に米国ニューヨーク州のマジソン・スクエア・ガーデンで開催する『Bellator 222』に参戦することが発表された。

【フォト】4月に復活の勝利を飾ったRENA

 ルールはヒジありのMMA(総合格闘技)ルールで、112ポンド(50.8kg)契約となる。対戦相手はリンジー・ヴァンザント(25=アメリカ)。

 RENAはシュートボクシングで絶対的な強さを誇り、その端正なルックスもあいまって、近年の”ジョシカク”ブームに貢献した第一人者。MMAルールには15年大晦日の「RIZIN」で初挑戦し、6連勝していたが、17年の大晦日で浅倉カンナに破れ、MMA初黒星。18年7月の再戦でもリベンジならず、一時休養していたが今年4月復活の勝利を飾った。

 相手のヴァンザントは、海外サイトや本人のSNSによると、5勝1敗のプロ戦績を持ち、5勝のうち少なくとも3勝がパンチによるKO勝利という強打者だ。通常はアトム級と、RENAの一つ下の階級で活躍している。 

 ベラトール(Bellator)は、UFCに継ぐ規模を誇るアメリカのMMA(総合格闘技)プロモーションで、エメリヤーエンコ・ヒョードルや、ヴァンダレイ・シウバなど日本でもお馴染みのファイターたちを多数擁する。昨年11月にRIZINと全面的なアライアンス(提携)を組んだ。

 今大会では現RIZINバンタム級王者・堀口恭司(28=アメリカン・トップチーム)も出場。Bellator MMA世界バンタム級タイトルマッチとして、王者ダリオン・コールドウェル(31=アメリカ)に挑戦することになっている。

 RENAはコメントで「先月、今回マジソン・スクエア・ガーデンで開催されるBellatorへの出場オファーをいただいた時は驚きましたが、アメリカで試合をすることは私の大きな夢だったので、それが叶うことが嬉しくて今凄くワクワクしています。しかも、日本人女子プロ格闘家がマジソン・スクエア・ガーデンで試合をするのは初めてと聞いたので、派手に勝ってシュートボクシングとRIZINをBellatorファンにアピールしたいと思います」と、初のアメリカの試合に意気揚々としている。

最終更新:5/23(木) 12:26
イーファイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事