ここから本文です

ハワイの歌姫、エイミー・ハナイアリィが6月に全国10ヶ所で来日公演を開催

5/23(木) 16:16配信

CDジャーナル

ハワイの歌姫、エイミー・ハナイアリィが6月に全国10ヶ所で来日公演を開催

ハワイの歌姫、エイミー・ハナイアリィが6月に全国10ヶ所で来日公演を開催

 ハワイを代表する女性シンガーにして、日本でも絶大な人気を誇るエイミー・ハナイアリィ(Amy Hanaiali'i)が6月に来日公演を開催。公演は6月4日(火)の山形・山形市民会館 大ホールを皮切りに、6月16日(日)の沖縄・桜坂劇場 ホールAまで全国10ヶ所で行われます。会場では、3年ぶりのニュー・アルバム『Kalawai’anui』が先行販売されます。

 『Kalawai’anui』には自らのルーツであるファミリーの歴史に思いを馳せた15曲を収録。アルバム・タイトルになっている“Kalawai’anui”とは、ハナイアリィの祖先の名前で、“人から糧を与えられ、また人に糧を与える”という意味の言葉でもあります。

 ハナイアリィは、エンターテイナーの一家で、伝統的なハワイ文化を大事にする家庭に育ちました。特に祖母のナプアは高名なクムフラ(フラの師範)で、ハリウッドやブロードウェイで振付け師として活躍した人物でした。ハナイアリィは若くしてハワイの宝と謳われるジェノア・ケアウェに才能を見出され、 本格的なハワイアン・シンガーとしてキャリアをスタート。特徴的なファルセット唱法を身につけ、大学でクラシックやミュージカルを学んだ後、1995年にデビュー・アルバム『Native Child』を発表。このアルバムは、“すべてハワイ語で歌われたアルバム”として史上初の全米チャート入りを果たし、〈グラミー賞〉にノミネートされました。その後、現在までハワイアン・ミュージックを伝えるヴォーカリストとして一線で活躍しています。

最終更新:5/23(木) 16:16
CDジャーナル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事