ここから本文です

「3年A組」が最優秀作品賞!菅田将暉も主演男優賞に輝く!ドラマアカデミー賞

5/23(木) 12:16配信

シネマトゥデイ

 「週刊ザテレビジョン」5月22日発売号にて第100回ドラマアカデミー賞が発表され、「3年A組-今から皆さんは、人質です-」が最優秀作品賞に輝いた。同作は主演男優賞(菅田将暉)、助演女優賞(永野芽郁)、脚本賞(武藤将吾)、監督賞(小室直子、鈴木勇馬、水野格)も獲得した。

「3年A組」の生徒たち!クランクアップの様子【写真】

 1994年に創設されたドラマアカデミー賞は、毎年4回、クールごとに開催される。国内の地上波連続ドラマの中から、読者、審査員、TV記者の投票によって部門別のナンバー1を決定するというもの。

 記念すべき第100回は「3年A組」が最優秀作品賞、主演男優賞、助演女優賞、脚本賞、監督賞の5冠を達成。同作は、高校の卒業式10日前に教室を爆破し、クラスの生徒全員を人質にとった担任教師・柊一颯(菅田)が、“最後の授業”と称してある生徒の死の真相に迫っていくさまを追った。

 また、深田恭子ふんするアラサー女子がタイプの異なる3人の男性と繰り広げるラブストーリーを描いた「初めて恋をした日に読む話」も存在感を示し、深田が主演女優賞、本作で大ブレイクを果たした横浜流星が助演男優賞、主題歌(back number「HAPPY BIRTHDAY」)がドラマソング賞を獲得した。(山田貴子)

【受賞結果】
●最優秀作品賞=「3年A組-今から皆さんは、人質です-」
●主演男優賞=菅田将暉「3年A組-今から皆さんは、人質です-」
●主演女優賞=深田恭子「初めて恋をした日に読む話」
●助演男優賞=横浜流星「初めて恋をした日に読む話」
●助演女優賞=永野芽郁「3年A組-今から皆さんは、人質です-」
●脚本賞=武藤将吾「3年A組-今から皆さんは、人質です-」
●監督賞=小室直子、鈴木勇馬、水野格「3年A組-今から皆さんは、人質です-」
●ドラマソング賞=back number「HAPPY BIRTHDAY」( 「初めて恋をした日に読む話」主題歌)
●ザテレビジョン特別賞=「トクサツガガガ」の劇中劇「獅風怒闘ジュウショウワン」

最終更新:5/23(木) 12:16
シネマトゥデイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事