ここから本文です

ハース、モナコGPのFP1で黒旗を受ける。無線不具合のためFIAの助けを借り、ドライバーと”コミュニケーション”?

5/23(木) 18:58配信

motorsport.com 日本版

 ハースのロマン・グロージャンとケビン・マグヌッセンは、モナコGPのフリー走行1回目で、ブラッグフラックを振られた。これは、無線が不調だったために、チームがFIAに対して、ふたりのドライバーをピットに戻すことの手助けを頼んだのだという。

F1メカ解説|第6戦モナコGPピットレーン直送便:ハイダウンフォース仕様のアップデート

 FP1の開始から20分が経過した頃、ハースのふたりのドライバーにブラックフラッグが振られた。これは、彼らふたりがすぐにピットに戻らなければならないことを意味する警告であった。

 ブラッグフラッグが振られた理由についてFIAからの正式な説明はなかったが、後にハースのチーム無線が不調に陥っていたことが原因だったことが明らかになった。

 チームはドライバーふたりをピットに戻したかったが無線が通じず、さらにドライバーたちはサインボードも見落としていた。そのためチームは、FIAにブラックフラッグを出して、ふたりをピットに戻すよう”手助け”を求めたのだという。

 チームの広報担当者は、次のように説明した。

「我々はドライバーたちとコミュニケーションを取ることができない。ピットボードがうまく機能していなかったので、FIAが介入し、マシンをピットに戻すことができた」

 モナコは市街地であることもあり、コース周辺にビルが林立。しかもトンネルも存在する。そのため、無線通信は他のコースと比べて難しいのだ。

Jonathan Noble

最終更新:5/23(木) 18:58
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事