ここから本文です

米下院情報委と司法省が「停戦」、ロ疑惑捜査の資料提出巡り

5/23(木) 3:52配信

ロイター

[ワシントン 22日 ロイター] - 米下院情報委員会のシフ委員長(民主党)は22日、司法省がモラー特別検察官によるロシア疑惑の捜査関連資料提出で合意したことを受けて、バー司法長官に対する召喚手続きの強制執行を撤回したことを明らかにした。

シフ委員長は、司法省が下院情報委の召喚状に応じる方向で動き始め、今週からロシア疑惑捜査に関する資料を提出すると述べた。

ただ、司法省が協力を続けることを確実にするため、召喚状は引き続き有効とした。

最終更新:5/23(木) 3:57
ロイター

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事