ここから本文です

今平周吾は帰国直後の首位発進 痛感する全米プロと日本の違い

5/23(木) 19:20配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<関西オープン 初日◇23日◇KOMAカントリークラブ(奈良県)◇7043ヤード・パー72>

賞金王はフィアンセとの2ショットに照れ笑い【写真】

昨年の賞金王で2017年覇者が首位発進。先週の「全米プロゴルフ選手権」は予選落ち。初の海外メジャーでの決勝ラウンド進出をまたしても逃した今平周吾だが、帰国直後の「関西オープン」では初日を7バーディ・1ボギーにまとめ、トップグループの座を勝ち取った。

「先週もそんなに調子が悪かったわけではないですし、単純にコースが難しかったという感じです」と、超難関コースでの戦いから特に変えた部分はないが、スコアは先週の「74」、「73」より格段に良くなった。

これについて今平は、「コースが簡単に感じます。ティショットもプレッシャーがないので、楽にできますね」と、曲げれば1ペナルティ以上が必至のコースと、日本のコースとの差を感じている。

日本のコースが単純に簡単というワケではないが、あまりにも難しい海外メジャーのセッティングのあとでは、「経験値が上がっている」と、ゴルフ自体の幅も広がり、好スコアにつながっている。

唯一気をつけるのは、日本芝特有のフライヤー。「ラフからはやっぱりフライヤーするので距離感が合わない」と、ティショットはチェックポイント。「フェアウェイキープをしながら」と慎重に攻めつつ、ツアー3勝目を目指す。

(撮影:村上航)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:5/23(木) 19:20
ゴルフ情報ALBA.Net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事