ここから本文です

ポケットに入る超小型PCの最新モデル「OneMix3」をチェック

5/23(木) 10:00配信

ITmedia PC USER

 超小型PC「OneMix」シリーズを手がける中国のOne-Netbook Technologyは、同じくGPDの「GPD Pocket」シリーズと並んでミニノートPCファンの注目を集めている企業だ。ここで紹介する「OneMix3」は、そのOne-Netbook Technologyが開発中の最新モデルで、中国のECサイトなどでは予約販売が行われており、日本国内では正規代理店のテックワンが7月下旬に発売する予定だ(価格は未定)。

【写真】シルバーモデルのキーボード

OneMix2Sよりも一回り大柄なボディー

 今回、試作機を手にする機会があったので、まずは写真で確認していこう。

 OneMix3の主なスペックは下記の通りで、CPUやメモリ、OS、拡張端子などは現行の「OneMix 2S」シリーズを継承しているが、液晶ディスプレイは7型から8.4型に、画面解像度は1920×1200ピクセルから2560×1600ピクセルに拡大した。また、ボディーの厚さが17mmから14.9mmとスリムになった。

 ボディーカラーはブラックとシルバーの2色展開の予定だ。

SSDの拡張も可能に

 OneMix2Sからボディーが大きくなり、キーのサイズも大きくなった他、新たにバックライトを備えた。また、ストレージは256GBのNVMe SSDを内蔵するのに加え、SATA SSDに対応した2242規格のM.2スロットを用意することで、ユーザーの手でストレージを拡張することも可能だ。

 なお、「OneMix2S」シリーズについてはテックワンの直販サイトを始め、ヨドバシカメラやビックカメラの店頭およびWebサイト、Joshin web(楽天)やAmazonから予約が行える。発売は5月31日からの予定だ。このOneMix3についても、国内版は7月下旬に販売されるとのことなので、続報を待ちたい。

ITmedia PC USER

最終更新:5/23(木) 10:00
ITmedia PC USER

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事