ここから本文です

NTN、低フリクションハブベアリングIII を開発 従来品比62%低減

5/23(木) 13:30配信

レスポンス

NTNは5月22日、回転フリクションを従来品比で62%低減した「低フリクションハブベアリングIII」を開発したと発表した。

[関連写真]

近年、グローバルで自動車の燃費向上やCO2排出規制の強化が進み、車両走行時の消費エネルギーの削減が重要になっている。燃費や電費の効率をより高めるため、タイヤの回転を支えるハブベアリングには基本性能である寿命や強度を満たした上で、さらなる回転フリクション(摩擦)の低減が求められている。

NTNは今回、低フリクション化を追求したグリースを開発し、回転フリクションを従来品比62%低減し、車両燃費を約0.53%改善する「低フリクションハブベアリングIII」を開発。新開発のグリースは、2017年に開発した「低フリクションハブベアリングII」で採用したグリースを、配合成分から見直し、さらなる低フリクション化を実現した。

また、低温環境下で車両輸送時などによる微振動で発生するフレッティング摩耗に対応できるよう、寿命や耐フレッティング性についても向上。さらに、ハブベアリング内部の予圧を最適化することで、軸受の性能を維持したまま、軸受自体の回転フリクションを低減した。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:5/23(木) 13:30
レスポンス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事