ここから本文です

今や鳥谷は“4億円”代打要員…阪神契約切れで気になる去就

5/23(木) 12:00配信

日刊ゲンダイDIGITAL

「阪神で現役続行はないやろ」

 あるOBが鳥谷(写真)についてこう言った。5年総額20億円の大型契約が今季で切れる16年目のベテランは、このところ代打出場がもっぱら。この日は3―1の八回2死二塁から代打で登場し、四球を選んだ。

 鳥谷はここまで27試合で打率・128。本塁打と打点はなし。4億円の給料に見合う仕事はしていない。本人は納得のいく成績でなければ今年限りでの引退も示唆している。今の状態ならユニホームを脱ぐことになりそうだ。「でも、それはタテジマの話やろ」と、前出のOBが続ける。

「トリは自由枠での入団で2005年優勝の功労者。引退しても球団は何かしらのポストは用意するはずやし、評論家の声もかかるに違いない。カネはあるから家族のために2年ぐらいは野球から離れるかもしれんよ。でもな、野球人として尊敬する井口が千葉ロッテの監督やろ。今岡は二軍監督として引っ張られたけど、トリは井口監督から『若手の見本になるよう最後に力を貸してくれ』と誘われたらわからんよ。いずれにしても心底野球が好きな男やからね」

 阪神ファンからすれば、最後に甲子園でもうひと花咲かせてもらいたいだろうが……。

最終更新:5/23(木) 12:00
日刊ゲンダイDIGITAL

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/20(木) 19:45

あなたにおすすめの記事