ここから本文です

【日本ダービー】初挑戦Vだ松永幹師 リオンリオンで熱いドラマをつくる

5/23(木) 17:10配信

日刊ゲンダイDIGITAL

 松永幹師が横山武とのコンビで初の大舞台。リオンリオンでダービー取りを目指す。

 松永幹師は1986年に騎手デビュー。91年オークスをイソノルーブル、96年秋華賞をファビラスラフイン、97年桜花賞をキョウエイマーチと牝馬3冠を達成した。

 天覧競馬だった05年の天皇賞・秋も印象深い。

 14番人気のヘヴンリーロマンスで臨み、超一流の牡馬相手に差し切り劇。レース後にスタンドに向かって最敬礼を行い、感動を呼んだ。

 06年春にJRA通算1400勝の輝かしい実績を残してステッキを置いた。引退当日には阪急杯のブルーショットガン、最終レースと連勝し、有終の美を飾っている。

 実に華のあるジョッキーだった。ただし、ダービーは10回の騎乗で、97年メジロブライトの③着が最高。先頭フィニッシュはない。

 調教師に転身後もレッドディザイアで09年秋華賞、ラッキーライラックで17年阪神JFとビッグタイトルを獲得。先週まで重賞15勝を含む331勝を積み重ねている。

 だが、ダービーに送り込むのは今回が初めて。それがリオンリオンだ。

 昨年の夏にデビューして、②②①着と秋に勝ち上がり。それからも使いながら徐々に力をつけていった。ここ2戦は大寒桜賞、青葉賞と連勝し、勢いをつけて頂上決戦に駒を進めてきた。

 3走前に2番手につけると前2戦は逃げ切り。とりわけ前走は前半3~5Fが35秒8―59秒9と速いペースで引っ張り、上がり3Fは11秒6―11秒8―12秒9の粘り腰。自分のスタイルが確立した印象がある。

 状態もマル印がつく。

 東京遠征後もすぐに乗り込みを開始。先週は水曜に坂路4F54秒1を出すと、日曜にもCウッドで軽く追い切り。そしてきのうもCウッドで6F83秒1―36秒7、ラスト1F12秒2だ。

 当初は前3走に続いて横山典で向かう予定だった。競馬学校の同期で、今もバリバリの一線級。実は松永幹厩舎が開業したばかりの時、初Vの手綱を取っていた。

 前走がコンビ12勝目。今年の初春Sでは単勝万馬券のモアニケアラでアッと言わせたことも。

 これまでダービーは09年ロジユニヴァース、14年ワンアンドオンリーで2勝。09、14年とくれば「5年周期」で今年も……のはずが、先週土曜まさかの騎乗停止に。

1/2ページ

最終更新:5/23(木) 17:10
日刊ゲンダイDIGITAL

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事