ここから本文です

下松で地元出身・特撮スーツアクターがトークイベント 歴代ゴジラ映画ポスター展示も /山口

5/23(木) 16:23配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 下松出身の特撮スーツアクターで俳優の喜多川2tom(きたがわつとむ)さんのトークショーが5月26日、ゆめタウン下松(下松市中央町)の海の広場で開かれる。(周南経済新聞)

特撮スーツアクターで俳優の喜多川2tom(きたがわつとむ)さん

 ムービックス周南(下松市中央町)で5月31日から上映が始まる映画「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」の公開を記念し、映画「ゴジラ2000 ミレニアム」などでゴジラ役を演じたことで知られる喜多川さんを招く同イベント。会場では5月18日から、同作品をはじめ、第1作「ゴジラ」(1954年)から「シン・ゴジラ」(2016年)までのゴジラ映画シリーズや、ハリウッド版「GODZILLA ゴジラ」など31作品のポスターを解説とともに展示。過去作品のパンフレットやゴジラのフィギュアなども展示する。

 喜多川さんは1957(昭和32)年生まれの61歳。下松小学校、下松中学校を卒業し、桜ケ丘高校時代は体操部でインターハイ出場を果たした。高校卒業後、千葉真一さん主宰のジャパンアクションクラブ(現ジャパンアクションエンタープライズ)に入り、「光戦隊マスクマン」など、スーパー戦隊シリーズや仮面ライダーシリーズのスーツアクターとしても活躍した。

 その後、1998年公開の映画「モスラ3キングギドラ来襲」でキングギドラ役を演じた喜多川さんは、第3期ゴジラシリーズ第1作となる「ゴジラ2000 ミレニアム」(1999年)でゴジラ役に抜てき。以降、「ゴジラ×メガギラス G消滅作戦」(2000年)、「ゴジラ×メカゴジラ」(2002年)、「ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS」(2003年)、「ゴジラ FINAL WARS」(2004年)のゴジラ第3期シリーズ5作品でゴジラ役を演じ、「ゴジラ FINAL WARS」ではスーツアクションのアドバイザーとして怪獣バトルの殺陣を担当した。

 現在は俳優の傍ら、アメリカのゴジラファンイベントに毎年参加している。ジャパンアクションエンタープライズ養成部では中国拳法講師として後進の指導に当たっている。

 同イベントの企画を担当する和田山企画の大橋広宣さんは「15年ぶりとなる地元でのトークショー。ゴジラを演じるに当たっての役作りやゴジラへの思い、撮影エピソードなど貴重な話が聞けるのでは」と来場を呼び掛ける。

 開催時間は13時~。入場無料。ポスター展示は6月2日まで。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:5/23(木) 16:48
みんなの経済新聞ネットワーク

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事