ここから本文です

トランプ政権、イラン問題理由にサウジへの武器売却も=民主党議員

5/23(木) 10:52配信

ロイター

[ワシントン 22日 ロイター] - 米民主党のクリス・マーフィー上院議員は22日、ツイッターへの投稿で、トランプ政権は法の抜け穴とイランとの緊張が高まっている状況を利用し、サウジアラビアに「爆弾」を売却する可能性があるとの見解を示した。

マーフィー氏は「トランプ氏が武器輸出管理法の分かりにくい抜け穴を突いて、議会が反対できないような形でサウジへの新たな爆弾の大型売却を通知するという話を耳にした。今週中にも実施する可能性がある」と警戒感を示した。

複数の議会筋によると、武器輸出管理法には、国家非常事態の場合は議会で審議しなくても大統領が武器売却を承認することを可能にする規定が含まれているという。

同筋は、トランプ氏がイランとの緊張の高まりを根拠に、中東地域の重要なパートナー国と見なすサウジに追加で軍事装備品を売却する可能性があると語った。

ただ、どのような軍事装備品を売却することになるのかや売却時期などの詳細は明らかになっていない。また、議会では共和、民主両党の反対を受けるとみられる。

最終更新:5/23(木) 10:52
ロイター

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事