ここから本文です

PayPayのクレカ取引不正発生率、最初の「100億円還元」では1%→2回目は0.0004%に改善

5/23(木) 12:46配信

ITmedia NEWS

 PayPayはこのほど、モバイル決済「PayPay」のクレジットカード取り引きについて、不正発生率を大幅に改善したと発表した。昨年12月に行った「100億円あげちゃうキャンペーン」での不正発生率は0.996%と、約100件に1件が不正取引だったが、本人認証サービスの導入などにより、今年2~5月に行った第2弾のキャンペーンでは0.0004%と、100万件に4件の割合まで抑えたという。

 初回の「100億円あげちゃうキャンペーン」期間中は、「PayPayでクレジットカードが不正利用された」という報告がネットで相次いだため、同社は、カードの利用額上限を下げるなどの対策に追われた。今年1月には本人認証サービス「3Dセキュア」を導入。その後は不正発生率が0.003%(10万件に3件)に減り、「第2弾100億円キャンペーン」では0.0004%に減少した。

 不正発生率は、クレジットカードの不正利用の疑いが発覚した時、カード会社がその代金の売上を取り消す「チャージバック」が行われた数を、全取引の数で割って算出した。

ITmedia NEWS

最終更新:5/23(木) 14:28
ITmedia NEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事