ここから本文です

朝ドラと自分の人生が似すぎているヒロイン描く、フルタ丸「朝のドラマ」

5/23(木) 17:25配信

ステージナタリー

劇団フルタ丸「朝のドラマ」が7月3日から7日まで東京・駅前劇場で上演される。

“生活”と“物語”をテーマに、フルタジュンが作・演出を手がける本作。平凡な主人公・ナツコは、新しく始まった朝ドラが自分の人生と酷似していることに気づく。自分のしがない一生が全国民に向けて放送されているようで、混乱するナツコだったが……。

【写真】劇団フルタ丸 2019年本公演「朝のドラマ」ビジュアル(メディアギャラリー他2件)

上演に際しフルタは、「物語を味わっても、お腹は満たされない。しかし、お腹いっぱいに食べる夢を見ることはできるかもしれない。『夢を見る』 心もとない四文字。これで『生活』という剥き出しの荒波と闘えるのだろうか。この度、闘おうと思い、この作品を創ることにしました」とコメントした。なお7月4日14:00の回では、アフターイベントとして出演者による10分ほどの短編「夜のドラマ」が上演される。

■ 劇団フルタ丸 2019年本公演「朝のドラマ」
2019年7月3日(水)~7日(日)
東京都 駅前劇場

作・演出:フルタジュン
出演:宮内勇輝、真帆、篠原友紀、工藤優太、清水洋介、フルタジュン、大勝かおり、安堂サオリ、二ノ宮ゆい / 西川智宏

最終更新:5/23(木) 18:10
ステージナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事