ここから本文です

アイ・オー、法人向け「LAN DISK Z」にWindows Server IoT 2019 for Storage搭載モデル

5/23(木) 17:39配信

ITmedia PC USER

 アイ・オー・データ機器は5月23日、法人向けファイルサーバ「LAN DISK Z」シリーズに最新のWindows Server IoT 2019 for Storage搭載モデルを追加、7月中旬に出荷を開始する。

4ドライブやラックマウントタイプも用意

 Windows Storage Server 2016の後継OSとして2019年2月に発表されたWindows Server IoT 2019 for Storageを搭載したモデル。ラインアップは2ベイ型デスクトップモデル、4ベイ型デスクトップモデル、4ベイ型のラックマウンドモデルを用意。それぞれ“Workgroup Edition”モデルと、ユーザー利用数制限のない“Standard Edition”モデルを取りそろえた。容量別ラインアップは最大32TB(2ベイモデルは最大16TB)までとなっている。

ITmedia PC USER

最終更新:5/23(木) 17:39
ITmedia PC USER

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事