ここから本文です

木村翔「尚弥君と比べると…」 中国へ出発…26日世界2階級制覇挑戦

5/23(木) 13:53配信

スポーツ報知

◆プロボクシング ▽WBA世界ライトフライ級(48・9キロ以下)タイトルマッチ12回戦 王者カルロス・カニサレス―同級2位・木村翔(26日、中国・撫州)

【写真】アントニオ猪木「延命治療しない」

 世界2階級制覇に挑む前WBO世界フライ級王者でWBA世界ライトフライ級2位の木村翔(30)=青木=が23日、同級タイトルマッチが行われる中国・江西省撫州市に出発する前の羽田空港で取材に応じた。

 1階級落として臨む王者カルロス・カニサレス(28)=ベネズエラ=との一戦へ「やり残したことはない。体重も落ちているし、ベストコンディションです」と引き締まった表情で語った。減量は順調で、今朝の体重は51・5キロでリミットまで約2・6キロ。「フライ級でも減量はあるし、食事を我慢するのは当たり前」と語り、この日の朝食はおかゆ、オレンジ半個、ヨーグルトを口にした程度だという。

 昨年9月にWBO世界フライ級王座のV3戦で田中恒成(畑中)に判定負けして王座陥落。今年3月に上海で再起戦でKO勝利した。中国では5戦目となるが、今回は最も遠く、移動時間は約10時間を要する。「移動はしんどいけど、相手も同じ」と覚悟している。

 改元後の「令和初王者」は、日本時間19日に英グラスゴーでIBF世界バンタム級王座を獲得し、WBA同級王者の井上尚弥(26)=大橋=に先を越された。「令和初の複数階級制覇」がかかる木村だが、世界的に注目を集めるモンスターに「尚弥君と比べると小さすぎるので…」と苦笑い。それよりも「とにかくカニサレスをぶっ飛ばしてベルトを取って、それからやりたいことをやります」と気合を入れ直した。

最終更新:5/23(木) 14:17
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事