ここから本文です

映画「プロメア」堺雅人が今石監督の変人ぶりに感動、「光り輝いて見えた」

5/23(木) 22:30配信

コミックナタリー

劇場アニメ「プロメア」の舞台挨拶付き上映会が、公開前日となる本日5月23日に東京・TOHOシネマズ日比谷にて開催された。

【動画】「プロメア」本予告(メディアギャラリー他10件)

5月24日に公開される「プロメア」は「天元突破グレンラガン」「キルラキル」に続く、今石洋之監督、中島かずき脚本のタッグによる新作オリジナルアニメ。イベントには今石、中島をはじめ、ガロ役の松山ケンイチ、リオ役の早乙女太一、クレイ役の堺雅人、ビニー役のケンドーコバヤシ、アイナ役の佐倉綾音が登壇した。

明日初日を迎える心境を聞かれた今石監督は「苦節5年、長いことこの作品に関わってきましたので感無量です」と喜びをあらわにする。さらに、これから作品を観るファンへ向け「お客さんはわからなくていいですけど、通常の4、5倍くらい手間がかかっています。それに気付かずに観るのが一番贅沢だと思う」とアピールすると、中島は「今から流れるものを観れば物量で大変だったと伝わると思いますよ」と、監督の労をねぎらっていた。

松山がアフレコを振り返り「テンションを落とすわけにはいかない役でしたので、自分の中の一番の燃え具合の中でやらせていただきました。やった後にこれだけ燃え尽きた作品はなかったんじゃないかなと思います」と話すと、松山の熱の入れように客席からも感嘆の声が漏れる。続けて松山は、「かずきさんと今石さんの作る作品は大好きで何回も観ていますので、これだけのものを表現されてきた声優さんたちを本当にリスペクトしています」と声優陣への賛辞を送った。

松山、堺とアフレコを共にした早乙女は「松山さんがずっとガロとしていてくれるので、一瞬も冷めるときがないくらい、常に熱量がすごくて」と収録現場での松山の様子を伝える。さらに「勢いがありすぎて、僕のセリフまで言ってましたね。火消しなのに『燃やさなくては生きていけない』って。僕のセリフなのにな(笑)」と明かすと会場が笑いに包まれた。

また堺の演技について言及する場面では、松山が「セリフって漢字とひらがなとカタカナで構成されているんですよ」と通常は文字で表現できるものであると持論を展開し、「そのどれでもなかった」と言葉にとらわれない堺のすごさを述べる。早乙女も「むちゃくちゃ感じました」とその感覚に共感を示し、佐倉も声優目線で意見を話しながら、予測のできない音を出せる堺に羨望の眼差しを向けていた。

なお本日のイベントでは、本作がフランス現地時間6月10日より開催される、世界最大級のアニメーション映画祭であるアヌシー国際アニメーション映画祭2019のスペシャルスクリーニング部門にて上映されることも発表に。また北米、ヨーロッパ、アジアなど全62の国と地域でも配給されるなど、世界中に届けられる本作について中島は「火が燃えるということが伝わればどこの国でもわかってもらえる」とコメントし、松山も「これが日本人の作る熱なんだと伝わってくれるといい」と笑顔を見せた。

試写を監督の隣で観たという堺は「観終わった後に監督はこんなに変な人だったんだ、これを5年かけて作ったんだと、すごく感動しました。現場ではどれだけ変であるかががわからなかった。改めて光り輝いて見えた」と独特の言葉で今石監督を褒め讃えた。ケンドーコバヤシはガロの印象を「正しい主人公だと思う。燃えている熱い姿が好きでしたね」と話し、「いつか僕もこんな役をやりたいですね」と続け、笑いを誘う。それを受け今石監督はMCにコメントを求められるも「そうですね……。そうですね」と気のないコメントしか出てこず、さらに大きな笑いが起きた。

また主題歌を担当したSuperflyからの手紙がMCによって読み上げられる場面も。完成の喜びとスタッフへの感謝が寄せられると、今石監督からは「本編をかなり読み込んでいただいて、歌詞にもそれが反映されているんです。なので挿入歌が上がってきたときには、曲を入れる場所をより気持ちが乗る場面に変えました」と制作秘話が明かされた。最後に松山から「大変熱い作品になっています。エンタテインメントは活力をお客さんに渡すものだと思うんですけど、そういう熱をいつまでも消えないで持っていただけたら幸いです」とメッセージが贈られ、イベントは幕を閉じた。

■ 映画「プロメア」
2019年5月24日(金)全国ロードショー

□ スタッフ
原作:TRIGGER・中島かずき
監督:今石洋之
脚本:中島かずき
キャラクターデザイン:コヤマシゲト
美術監督:久保友孝(でほぎゃらりー)
色彩設計:垣田由紀子
3Dディレクター:石川真平
撮影監督:池田新助
編集:植松淳一
音響監督:えびなやすのり
音楽:澤野弘之
タイトルロゴデザイン:市古斉史(TGB design.)
アニメーション制作:TRIGGER
3DCG制作:サンジゲン
製作:XFLAG
配給:東宝映像事業部

□ キャスト
ガロ・ティモス:松山ケンイチ
リオ・フォーティア:早乙女太一
クレイ・フォーサイト:堺雅人
アイナ・アルデビット:佐倉綾音
レミー・プグーナ:吉野裕行
バリス・トラス:稲田徹
ルチア・フェックス:新谷真弓
イグニス・エクス:小山力也
エリス・アルデビット:小清水亜美
ヴァルカン・ヘイストス:楠大典
ゲーラ:檜山修之
メイス:小西克幸
ビニー:ケンドーコバヤシ
デウス:古田新太
ビアル・コロッサス:柚木涼香

(c)TRIGGER・中島かずき/XFLAG

最終更新:5/23(木) 22:30
コミックナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事