ここから本文です

【5月24日のなつぞら】第47話 なつ、兄の咲太郎の誤解を解く そのころ泰樹は…

5/23(木) 22:00配信

デイリースポーツ

 NHK連続テレビ小説の100作目となる「なつぞら」(月曜~土曜8時)。5月24日は第47話が放送される。東京での新生活でなつを待ち受けるものとは。

 咲太郎(岡田将生)の勘違いから、亜矢美(山口智子)の営むおでん屋「風車」に連れてこられたなつ(広瀬すず)。その店でようやく兄の誤解を解くことができ、「川村屋」へ戻ることができた。なつは、東京に来ることになった本当の理由を咲太郎に告げる。その後、咲太郎は、なつたちの付き添いで東京に来ていた雪之助(安田顕)から、なつが東洋動画に入りたいという希望を持っているということを知らされる。

 朝ドラの記念すべき作品となる「なつぞら」は、ヒロインに広瀬すずを起用。戦後の焼け野原の東京を経て、広大な北海道の大自然のもと育ち、日本アニメの草創期を舞台にまっすぐに生き抜く、なつの夢と冒険、愛と感動のドラマを描く。脚本は、朝ドラ「てるてる家族」、大河ドラマ「風林火山」を手掛けた大森寿美男氏によるオリジナル作品。

最終更新:5/23(木) 22:00
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事