ここから本文です

【Bリーグ】北海道が前大阪ファイと契約合意

5/23(木) 18:29配信

スポーツ報知

 Bリーグ1部のレバンガ北海道は23日、前大阪の帰化選手PF/Cファイ・パプ月瑠(むーる、31)=写真、200センチ、101キロ=との契約基本合意を発表した。

【写真】27季目現役続行の折茂

 昨季、東地区10勝50敗で最下位。初の残留プレーオフに回ったレバンガは、課題のリバウンド強化で、ファイ獲得に動いた。ファイはセネガル出身で、フィジカルの強さと跳躍力が武器。延岡学園高(宮崎)に留学し2年で高校総体優勝、関東学院大を経て11年に当時bjリーグの横浜入りしプロ選手に。その後、千葉、広島、新潟、横浜、福岡で活躍。14年に帰化申請し15年に日本国籍取得、日本代表で16年五輪世界最終予選(セルビア)にも出場。昨季は大阪で全60戦に出場、平均8・1得点、同5リバウンドを記録した。

 ファイは広報を通し「19~20年シーズン、レバンガのユニホームを着ることになり、新たなチームでのチャレンジをとても楽しみにしています。オファーをしてくれた関係者の皆さんに感謝申し上げます。レバンガ北海道ファンとお会いするのが楽しみです。常にハードにプレーし、リバウンドとディフェンスでチームを盛り上げていきたい」とコメントした。

最終更新:5/23(木) 18:36
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事