ここから本文です

ハナコ菊田、新婚生活にノロケ 結婚式の費用「親が半分出してくれる」

5/23(木) 12:04配信

オリコン

 お笑いトリオのハナコが23日、東京・TBSで行われた“コント芸日本一”を決める『キングオブコント(KOC)2019』の開催発表会に出席。先月28日に女性お笑いコンビ・ハルカラの和泉杏(35)と結婚した菊田竜大(31)は、結婚後初の公の場で幸せオーラを振りまいた。

【写真】ハナコ・菊田の結婚に笑いを交えながら祝福した相方・秋山寛貴

 昨年の『KOC』優勝が結婚の決め手になったといい「優勝したら結婚しようと決めていたら、優勝したので『じゃあ、結婚しようか』と言いました」とプロポーズ秘話を披露。左手薬指につけている指輪を見せると、相方の秋山寛貴が「トリオの中でとびきり楽をしている奴が結婚するという…」と笑いを交えながら祝福した。

 『KOC』優勝賞金1000万円の使い道について、菊田は「僕は服を買ったり引っ越したり、雑費ですね。結婚式もやろうかなと思っているんですけど、半分は親が出してくれるので」とマイペースなコメント。周りから「優勝賞金もらったんだから、親に出してもらわないで、そこから出せばいいだろ」と厳しい追及を受けるも「でも、それが菊田のやり方なので」とのらりくらりとかわした。

 新婚生活の話題では「(妻が)何でもしてくれます。僕はよく笑うらしいんですけど、そこを好いてくれていますね。家に帰ってずっとおしゃべりをしているんですよ。それを楽しく聞いてくれるんですよ。本当に楽しくやっています」とノロケ。「お金はちゃんと入れています。家事はやらなくなりました。任せるようになりました」と最後まで“らしさ”を崩さなかった。

 プロ・アマ、芸歴問わず、所属事務所の垣根を越えてエントリー可能な同コンテスト。優勝賞金は例年通り1000万円。ネタの披露時間は、1回戦と2回戦は2分、準々決勝・準決勝・決勝は5分で、過去の準決勝進出者は1回戦が免除され、2回戦からの出場、過去の決勝進出者は2回戦が免除され、準々決勝からの出場となる。

 準決勝と決勝は同じ2ネタを披露し、決勝戦には予選を勝ち抜いた10組(予定)が進出。決勝戦のファイナルステージ進出は3組(予定)で、2ネタの合計得点で勝敗を競う。エントリー期間は7月12日まで、今秋開催予定の決勝は、TBSで放送される。

 会見には昨年王者のハナコを筆頭に、チョコレートプラネット、マヂカルラブリーが出席した。

最終更新:5/23(木) 13:18
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事