ここから本文です

田口淳之介容疑者、全国ツアー各会場が主催者側と連絡取れず困惑

5/24(金) 6:16配信

スポーツ報知

 大麻取締法違反(所持)容疑で逮捕されたアイドルグループ「KAT―TUN」の元メンバーで歌手の田口淳之介容疑者(33)と、女優の小嶺麗奈容疑者(38)が、関東信越厚生局麻薬取締部の調べに、大麻の所持と使用を認める供述をしていることが23日、捜査関係者への取材で分かった。また、両容疑者の供述に食い違いがあることが明らかになった。両容疑者は24日に送検される予定。

【写真】口元に謎の笑み?を浮かべる田口淳之介容疑者

 田口容疑者は、7月5日の埼玉公演(HEAVEN’S ROCK さいたま新都心)から全国ツアー(全21公演)を控えるが、各会場が、主催者側と連絡が取れないため困惑していることが23日、明らかになった。

 同容疑者の個人事務所「Immortal」が主催とみられるが、両容疑者が代表取締役と取締役を務めるため、逮捕されたことで連絡を取ることができない状態となっている。そのため、各会場や運営を手伝うイベンター会社(チケットを販売し、ライブを制作する会社)からは困惑の声が続出。「HEAVEN’S―」は「仲介の会社があるので、連絡していますが(今後のことは)まだ分からない」。9月19日に最終公演を行う渋谷クアトロでは「主催者からの連絡を待っている。(開催の有無は)分かりかねます」と話した。

 今後、勾留が認められれば、決定権を持つ両容疑者との連絡の取れない状況が続く。ライブ関係者やチケットを購入したファンにとっては、先行き不透明な状況が続きそうだ。

最終更新:5/24(金) 9:30
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事