ここから本文です

エッフェル塔に男がよじ登る、ロシア人か 自殺傾向示し精神科に入院

5/23(木) 9:56配信

AFPBB News

(c)AFPBB News

【5月23日 AFP】フランス首都パリのエッフェル塔(Eiffel Tower)で今週、男が塔によじ登って6時間以上その場にとどまり、観光客らが退避を余儀なくされる騒ぎがあった。これについて司法筋は21日、男が精神科に入院したと明かした。

 身元非公表の男は20日、エッフェル塔の鉄骨によじ登った。周囲は騒然となり、観光客の入場が一時中止された。避難を強いられた観光客は約2500人に上った。

 司法筋がAFPに明らかにしたところによると、男は21日に警察の取り調べを受け、文化財への不法侵入で捜査が開始された。現在は警察病院の精神科に入院しているという。

 別の情報筋は、男は「ロシア人で、自殺傾向を示している」と明かした。

 20日には入場中止措置が取られたエッフェル塔は、翌21日には通常通り開場された。

 映像は20日撮影。(c)AFPBB News

最終更新:5/23(木) 9:56
AFPBB News

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事