ここから本文です

役者の“成熟”もスパイスに!『ビフォア』シリーズに息づく知られざる物語

5/23(木) 6:32配信

dmenu映画

“時間の流れ”を描くのを得意とするリチャード・リンクレイター監督。その代表作である『ビフォア』シリーズには、心に迫る裏話があるのをご存じでしょうか。今回はこの大ヒットシリーズの裏に息づく、知られざる人間ドラマに迫ってみます。

他愛なくも愛おしい“日常”を「過ぎゆく時」と共に描く

ハリウッド大作からインディペンデントまで幅広く手がけるリンクレイター監督。実験的精神が旺盛な監督としても知られていますが、作品ではしばしば他愛なくも愛おしい“日常”で、次のステージを迎えようとする人々の姿が「過ぎゆく時」と共に描かれます。

青春コメディ『バッド・チューニング』(1993年)では、70年代のテキサスを舞台に新入生歓迎パーティで大騒ぎする高校生たちの一夜を。そしてこの作品の“精神的続編”にあたる『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』(2016年)では、高校を卒業し、大学の寮に引っ越したばかりの一年生たちの新学期開始までの3日間が描かれます。

また第72回ゴールデングローブ賞・最優秀監督賞ほか多数の賞を受賞した『6才のボクが、大人になるまで。』(2014年)では、6歳の少年と家族の軌跡を12年間に渡り撮影。主要人物4人を同じ役者が演じ続けたことでも大きな話題となりました。

18年の時間経過による人生の変化を描く『ビフォア』シリーズ

時間経過による人生の変化を描いたリンクレイター作品の中でも、ひときわ人気となっているのがイーサン・ホークとジュリー・デルピーが主演する『ビフォア』シリーズです。

シリーズ1作目である『恋人までの距離(ディスタンス)』(1995年)では、アメリカ人青年のジェシー(ホーク)とフランス人学生のセリーヌ(デルピー)のヨーロッパ鉄道での出会いから、ジェシーの明朝の帰国フライトまでの14時間を活写。2人は夜通しウィーンを散策し、半年後の再会を約束するのですが……。

果たして2人は再会できたのか? そのアンサーとなるのがシリーズ2作目『ビフォア・サンセット』(2004年)です。情熱の一夜から9年。人気小説家として読書会を行うことになったジェシーと環境保護団体で働くセリーヌがパリで再会を果たします。85分後には帰国の途につかねばならないジェシーの葛藤と、2人の恋の駆け引きが絶品です。

それからさらに9年。シリーズ3作目『ビフォア・ミッドナイト』(2013年)では夫婦となったジェシーとセリーヌがちょっとした倦怠期を迎えている様子が映し出されます。浮気疑惑や不満など、積年の思いをぶつけ合う2人のバトルの結末はいかに。

1作目から3作目までに18年の時が流れ、演技派俳優となったホークとデルピーからは、様々な経験をして成長することで得た人間的な深みがにじみ出ています。リンクレイター監督はそんな役者の“成熟”をスパイスにして、「ビフォア」シリーズをよりリアリティ豊かに、そして味わい深くしているのでしょう。

1/2ページ

最終更新:5/23(木) 6:32
dmenu映画

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事