ここから本文です

スーパーフォーミュラ第2戦レビュー:この週末を……無駄にしてはいけない

5/23(木) 11:54配信

J SPORTS

2019年の全日本スーパーフォーミュラ選手権の第2戦が5月18日、19日に大分県のオートポリスで行われ、16番手からスタートした関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)が大逆転で優勝を果たした。

レース序盤に導入されたセーフティカーの際にほとんどのマシンがピットストップを行なったが関口はコース上に留まることを選択。レースが再開されると同じ作戦を取っていた国本雄資(KONDO RACING)を抜き去り、1周あたり約1秒ずつ後続を引き離す快走をみせた。40周目にピットインしソフトからミディアムに交換するが、実質的なトップのポジションをキープしコースに復帰。本人曰く「ヒヤッとする場面は何度かあった」というものの、外から見ればほとんど危なげない走りで今季初勝利を飾った。

関口らしい快進撃が随所に見られた今回のレースだが……。その裏ではレースの進行面で混乱が続く1日となった。

当初は18日(土)午後に行われる予定だった公式予選は悪天候のため、19日(日)の朝に順延となった。しかし、日曜日を迎えると天候は変わらず大雨と強風というコンディション。その中でコースオフする車両が多発し、3度の赤旗中断になる波乱の予選となった。その結果、ほとんどのマシンがタイムアタックをできずに終わり、8台が予選不通過となった。さらに予選終盤にはセッション再開を各車が待っている際に山下健太(KONDO RACING)がピットエンドラインの白線を超えて待機列に割り込み、罰金2万円のペナルティになったことも物議を醸した。

こういった混乱の中で予選が終了したこともあり、セッション終了後から1時間30分後(11時07分)に出された予選の暫定結果に対していくつかのチームが抗議。その結果、暫定結果が改定されることになったが、14時00分から始まる決勝レースがすぐそこに迫っておた。

通常、スーパーフォーミュラでは決勝レースに向けたスタート進行が45分前から始まることになっているが、その段階で決勝のグリッドが確定していないという事態が発生。「暫定結果の改定はまだか?」「自分たちのグリッドはどこになるのか?」と情報を求め、各チームのマネージャーらがコントロールタワーの1階に集まるなど、現場は大混乱となった。

1/3ページ

最終更新:5/23(木) 11:54
J SPORTS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事