ここから本文です

“新C・ロナウド“と呼び声高い19歳 バルサとシティが獲得レース

5/23(木) 7:57配信

SPORT.es

ポルトガルのジャーナリスト、ルイ・ペドロ・ブラスがチャンネル『TVi24』の番組で報じた内容によると、FCバルセロナとマンチェスター・シティはベンフィカのホープ、19歳のジョアン・フェリックスの獲得レースにおいてポールポジションに立っている2チームだという。

メッシに差をつけられたエムバペ、怒りの矛先を監督トゥヘルへ?

さらにペップ・グアルディオラ率いるマンチェスター・シティの方が優勢だと思われると続けた。

“新クリスティアーノ・ロナウド”の呼び声高いジョアン・フェリックスはベンフィカと2023年まで契約を結んでおり、契約解除金は現時点で1億2,000万ユーロ(約148億円)に設定されている。
しかし、ベンフィカはジョアン・フェリックスをプロジェクトの重要な1ピースとして考えている事から彼の契約解除金を引き上げ、売却の可能性を先延ばしにする意向を持っていた。

いずれにしてもジョアン・フェリックスに関心を示しているのはバルサとシティだけではなく、アトレティコ・マドリーやマンチェスター・ユナイテッドなどの名前も浮上している。

SPORT.es

最終更新:5/23(木) 7:57
SPORT.es

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事