ここから本文です

【映像】台湾海空軍が実弾演習を公開 中国による武力侵攻を想定

5/23(木) 13:39配信

AP通信

花蓮、台湾、5月23日(AP)― 中国の軍事的圧力が強まる中、台湾海空軍は5月22日、同国東部海域で中国による侵攻を想定した大規模な実弾演習を実施した。
 台湾を自国領土とみなし、必要とあらば武力による統一も辞さない構えの中国が、「台湾海峡を越えて侵攻してくる」という想定で行われた2014年以来最大規模となった今回の演習には、水上艦艇22隻、戦闘機3機が参加。
 艦砲射撃やミサイル発射、爆雷投下に加えて、戦闘機によるミサイル発射や対潜哨戒ヘリによるソノブイ投下など、海空合同対潜水艦戦、対水上戦、制空戦などの訓練が報道陣に公開された。
 中国の習近平国家主席は今年1月、台湾の統一を目指し、独立の動きや外部の干渉に対しては武力行使も排除しないという考えを示し、軍事的圧力を強めている。

(日本語翻訳 アフロ)

最終更新:5/23(木) 13:39
AP通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事