ここから本文です

A代表招集のコンサドーレ武蔵「結果を出して常連になる」

5/23(木) 23:32配信

道新スポーツ

 2度目の選出!代表初ゴールを宣言

 北海道コンサドーレ札幌のFW鈴木武蔵(25)が23日、6月に行われるキリンチャレンジ杯の日本代表に選出された。3月の同杯に続き、2度目の選出。札幌・宮の沢白い恋人サッカー場で報道陣に対応した鈴木は、A代表初ゴールを狙うと宣言した。

【写真】神戸戦後半30分、ゴールを決めた鈴木武蔵がガッツポーズ=札幌ドーム

 「より多くのチャンスに絡んで点を取りたい」

 3月のA代表デビューから、連続招集となった鈴木は「期待してもらっていると捉えているし、結果を残せばいわゆる常連になれる。そこはFWとして求められているところ。より多くのチャンスに絡んで得点をとりたい」と気合を入れた。代表定着へ、目に見える結果を求めていく。
 6月5日に豊田スタジアムでトリニダード・トバゴ代表と、同9日にひとめぼれスタジアム宮城でエルサルバドル代表と戦う。両国は6月に北中米カリブ地域の王者を決めるゴールドカップを控えており、最終調整の真剣勝負。さらなるレベルアップを目指す鈴木にとっても、相手に不足はない。

 国内組FWは鈴木ただ一人

 招集27人のうちFWは3人。岡崎、大迫と実績ある海外組に肩を並べ、国内組として唯一選ばれた。鈴木は「想像がつかないです」と謙遜したが、「素晴らしいFWのプレーを練習から見られるのはいい経験。二人ともタイプが違うので吸収することはたくさんある」と、共有できる時間を有効活用するつもりだ。

 「もっと僕の動きを見てもらえるように話したい」

 3月の同杯では2試合出場もノーゴール。だが類いまれな身体能力は国際舞台でも通用、相手DFとの駆け引きで手応えも得た。「チャンスになりそうな場面も、パスが出ればという場面もあった。もっと僕の動きを見てもらえるように話していかないといけない」。代表チームでも周囲の信頼を得ることが、待望のゴールに直結する。
 あす25日はG大阪戦。得点感覚を研ぎ澄ませ、代表活動に向かいたい。「攻撃力があるところをホームで見せたい」と鈴木。点取り屋のプライドを見せ、まずはクラブをリーグ戦3試合ぶり勝利へ導く。 (石栗賢)

最終更新:5/23(木) 23:32
道新スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事