ここから本文です

「全仏OP」26日から本戦スタート!強い精神力が勝敗を左右する最も過酷なトーナメント

5/23(木) 13:40配信

テレビ東京スポーツ

世界で初めて地中海横断飛行に成功したフランス人飛行家ローラン・ギャロスの名を冠した全仏オープンの試合会場。グランドスラム大会で唯一のクレーコート(赤土)を利用することでも知られている。

大会は波乱が多く、上位シード選手が早い段階で敗退することが多いことから「レッドクレー(赤土)の魔物が棲む」と呼ばれている。

過去に世界ランキング1位だったピート・サンプラス(アメリカ)はGSで14度優勝したにも関わらず、全仏オープンだけは制覇できなかった。また男子歴代1位の17回GSを制したロジャー・フェデラー(スイス)も全仏では1回の優勝のみ。現在世界ランク1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)も全仏で優勝はまだ1回。

2005年から2018年の14年間のうち、2009年・2015年・2016年を除いた全ての年で優勝したのがラファエル・ナダル(スペイン)。全仏オープンはクレーコート・スペシャリストたちが優勝した年が多く、キャリアグランドスラム(全てのグランドスラム大会で優勝)を目指す最大の壁となっている。技術だけではなく、強い精神力が勝敗を左右する最も過酷なトーナメント。

過去14年間の優勝者

<男子/女子>
2018年:R.ナダル(スペイン)/S.ハレプ(ルーマニア)
2017年:R.ナダル(スペイン)/J.オスタペンコ(ラトビア)
2016年:N.ジョコビッチ(セルビア)/G.ムグルッサ(スペイン)
2015年:S.ワウリンカ(スイス)/S.ウイリアムズ(アメリカ)
2014年:R.ナダル(スペイン)/M.シャラポワ(ロシア)
2013年:R.ナダル(スペイン)/S.ウイリアムズ(アメリカ)
2012年:R.ナダル(スペイン)/M.シャラポワ(ロシア)
2011年:R.ナダル(スペイン)/李 娜(中国)
2010年:R.ナダル(スペイン)/F.スキアボーネ(イタリア)
2009年:R.フェデラー(スイス)/S.クズネツォワ(ロシア)
2008年:R.ナダル(スペイン)/A.イバノビッチ(セルビア)
2007年:R.ナダル(スペイン)/J.エナン(ベルギー)
2006年:R.ナダル(スペイン)/J.エナン(ベルギー)
2005年:R.ナダル(スペイン)/J.エナン(ベルギー)

テレビ東京スポーツ

最終更新:5/23(木) 13:42
テレビ東京スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事