ここから本文です

米ビバリーヒルズ、たばこの販売禁止法案を提出 高級ラウンジは対象外

5/23(木) 12:20配信

AFPBB News

(c)AFPBB News

【5月23日 AFP】米カリフォルニア州ロサンゼルスの高級住宅地、ビバリーヒルズ(Beverly Hills)で、富裕層を得意客とする一部のシガー(葉巻)ラウンジを除き、たばこの販売が禁止されそうだ。

 同市が全米初とうたうたばこ販売禁止条例は、2021年1月の施行を目指す。21日夜に市議会で最初の投票が行われ、最終投票日は6月4日に予定されている。

 ビバリーヒルズではすでに歩道や集合住宅敷地内での喫煙を違法とするなど、厳しい喫煙ルールが導入されている。新しい法案では、ガソリンスタンド、薬局、コンビニなど小売店でのたばこ、パイプたばこ、かみたばこ、電子たばこの販売が違法とされる。

 ビバリーヒルズのジョン・ミリッシュ(John Mirisch)市長は声明で「この街は喫煙を規制し、公共の健康を促進する動きを率いている。誰かが先陣を切る必要があり、われわれがそうしよう」と呼び掛けた。

 しかし同市の健康安全委員会には、高級喫煙ラウンジを利用する著名人や地元エリートたちからラウンジを規制対象外に指定するよう要請が殺到したため、3か所のラウンジは禁止対象から除外される見込み。

 ハリウッド俳優で元カリフォルニア州知事のアーノルド・シュワルツェネッガー(Arnold Schwarzenegger)氏も、同委員会に高級ラウンジ「グランド・ハバナ・ルーム(Grand Havana Room)」を支持する手紙を送付。「意図的であってもなくても、この非常に特色ある空間の閉鎖を引き起こす法律を市が採択することなど考えられない」と訴えた。

 映像は禁止対象から除外される見込みの高級喫煙ラウンジ、21日撮影。(c)AFPBB News

最終更新:5/23(木) 15:20
AFPBB News

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事