ここから本文です

「imac」ブランドのアクセサリーを全国に展開 イマックが破産

5/23(木) 17:44配信

帝国データバンク

TV・映画にも多数協力

 (株)イマック(TDB企業コード:983120033、資本金1000万円、東京都渋谷区渋谷4-2-12、登記面=東京都江東区南砂2-1-12、代表奥谷厚元氏)は、5月15日に東京地裁より破産手続き開始決定を受けた。

 破産管財人は清水靖博弁護士(東京都中央区日本橋茅場町3-12-2、明哲綜合法律事務所、電話03-3527-2121)。債権届け出期間は6月19日まで。

 当社は、1978年(昭和53年)7月に設立。伝統工芸技術を有したチェコやフランスなど海外工房で製作されたネックレスやペンダント、ブレスレット、イヤリング、ピアスなど当社オリジナル企画の婦人用アクセサリーを輸入し、全国の百貨店を通じて販売していた。「imac(イマック)」「Luna Rubius(ルナ ルビウス)」「imac FIGURA(イマック フィギュラ)」等の自社ブランド商品は、ファッション雑誌のほか、テレビ番組や映画などの衣装協力として多数取り上げられるなど相応の知名度を有し、2002年6月期には年売上高約15億円を計上していた。

 しかし、近年は個人消費が低迷するなか、ユーザーニーズの多様化から競合も多岐にわたり、売り上げの落ち込みを余儀なくされ、2018年6月期の年売上高は約5億8000万円に減少。赤字決算で資金繰りが悪化するなど厳しい運営を強いられ、事業継続が困難となり、今回の措置となった。

 負債は債権者128名に対し約3億円。

最終更新:5/23(木) 18:01
帝国データバンク

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい