ここから本文です

ハンガリー極右がデモ集会、ロマ人への暴力再燃に懸念

5/23(木) 14:18配信

AFPBB News

(c)AFPBB News

【5月23日 AFP】ハンガリーで21日、極右政治家がデモ集会で「ジプシーのテロリスト」を非難した。同国の少数民族ロマ(Roma)の間で、人種的動機に基づいた暴力が再燃することへの懸念が高まっている。

 昨年結成された極右政党「わが祖国運動(OHM)」は、首都ブダペストの東約130キロのテレクセントミクローシュ(Torokszentmiklos)でデモ集会を開いた。

 OHM党首のトロツカイ・ラースロー(Toroczkai Laszlo)氏(41)は、自警団員を含む数百人の支持者らに対し、デモの趣旨について、「秩序を尊重」し、「ジプシー犯罪」に対抗するものと説明。「われわれがここに集まっているのは、国が国民を守れないからだ」と主張した。

 トロツカイ氏は極右政党「ヨッビク(Jobbik)」副党首だったが、オルバン・ビクトル(Orban Viktor)首相の与党、フィデス・ハンガリー市民連盟(Fidesz)が圧勝し、ヨッビクが得票率を減らした昨年の総選挙後に離党し、OHMを結党した。 

 ハンガリーの複数の自警団とつながっているトロツカイ氏は先週、「国民軍団(National Legion)」という新たな民兵組織の結成を発表していた。護身術や基本的な軍事技術を教える組織だという。

 ロマ社会の多くの人は、人種的動機に基づいた10年前の襲撃事件を思い起こし、民兵組織の再来に懸念を示した。ハンガリーでは2008~09年、5歳の子ども1人を含むロマ人6人がネオナチに殺害された。

 ハンガリー最大の少数民族ロマは軽微な罪を犯しているとしばしば非難され、差別や貧困、社会の本流からの排除などに直面している。

 映像はテレクセントミクローシュで開かれたデモ集会、21日撮影。(c)AFPBB News

最終更新:5/23(木) 19:42
AFPBB News

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事