ここから本文です

新千歳に空飛ぶ「ウミガメ」 全日空がA380公開

5/23(木) 13:46配信

北海道新聞

 全日空が5月24日から成田―ハワイ・ホノルル線に導入する世界最大の旅客機、エアバスA380(520席)が22日、訓練飛行のため新千歳空港に飛来し、報道陣に公開された。全長72.7メートル、全幅79.8メートル、全高24.1メートルの総2階建てで、「ジャンボ」の愛称で親しまれたボーイング747を上回る大きさ。機体には、ハワイで神聖な生き物とされるウミガメの親子を塗装した。エコノミー座席の後方60席は、肘掛けと足置きを上げると寝転ぶことのできる「カウチシート」で、国内の航空会社で初めて採用した。

最終更新:5/23(木) 13:46
北海道新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事